プレステージ・インターナショナル

「人でしかできない」サービス提供のために、
私たちが追求すること。

私たちは世の中に数多く存在する
お困りごとを解決に導くことで、社会に貢献します。
それを支える従業員やそのご家族、地域の方々が豊かな毎日を送れるよう、
プレステージ・インターナショナルグループは「人」を大切にします。

トップメッセージ
CEO Message

プレステージ・インターナショナルグループでは『エンドユーザー(消費者)の不便さや困ったことに耳を傾け、解決に導く事業創造を行い、その発展に伴い社会の問題を解決し、貢献できる企業として成長する。』という経営理念を掲げております。当社の経営の根幹は「人」によるサービスだと認識しており、「人でしかできない」サービスを支えるのは従業員=人財です。従業員が生き生きと働くためには、本人やご家族の健康が最も重要であると考えます。

“心もからだも健やかな状態で仕事ができるからこそ、より良いサービスの提供につながり、エンドユーザーのお困りごとを解決に導くことができる。” そんな想いを込め、当社では2019年に発表した「プレステージ・インターナショナルグループ健康経営宣言2019」のもと、健康への意識醸成を目的とした様々な活動に取り組んでおります。従業員の健康づくりが持続可能なビジネスを展開するための軸となり、ひいては従業員とそのご家族の幸せにつながるよう推進してまいります。

また今後は当社のみの健康経営にとどまらず、コンタクトセンター業務を展開するBPO拠点地域への健康普及活動にも取り組んでまいります。当社では地域の皆様とのつながりを大切にし、「地方創生」を重要な戦略のひとつとして掲げ、これまで雇用創出のみならず様々な地方創生活動を行ってまいりました。健康づくりにおいても、地域の方々と共に取り組める活動を展開し、地域に愛される企業として成長してまいります。
株式会社プレステージ・インターナショナル
代表取締役 玉上 進一

健康経営
Health and Productivity Management

プレステージ・インターナショナルグループ健康経営宣言2019

プレステージ・インターナショナルグループは「従業員の健康意識の向上および健康推進」を軸に、従業員と会社が一つとなって、従業員の健康管理、疾病予防、メンタルヘルスの強化および進捗把握に務めるとともに、安心して明るく健やかに働くことができる環境の整備に向けて、これから一層積極的に取り組んでいくことを宣言します。
従業員自身の幸せはもちろん、ご家族の幸せにもつながる様々な取り組みを行ってまいります。

方針
Policies to be Developed

プレステージ・インターナショナルグループの財産である人=全従業員が、明るく健やかに働くことができるとともに、従業員一人ひとりが仕事を通じて自己実現ができる職場の環境づくりを行います。
そのために、従業員の健康保持・促進、また身体や心の不調の防止・早期解決に向け、会社および健康保険組合が一体となって、健康増進施策に取り組んでまいります。

目標
Goals
  • 定期健康診断受診率100%を目指します
  • ストレスチェック受検率100%を目指します
  • 各種検診結果に基づいて、従業員が健康で働き続けられる環境構築に向けた各種取り組み・効果検証を実施します
取り組みの体制
Framework

プレステージ・インターナショナルグループにおける健康経営の運営体制は、代表取締役を最高責任者とし「プレステージ・インターナショナルグループ健康経営宣言2019」に基づき、全従業員への健康推進活動および効果検証を実施します。同時に従業員のご家族、地域の皆様への健康意識醸成に向けた取り組みを推進します。

取り組みの体制

課題と施策
Challenges and Approaches
1.健康診断受診率100%未達

現状、健康診断受診率は100%には未達です。自身の健康状態を把握することで健康への意識醸成のきっかけとなるべく、受診率100%を目指します。健康診断の意義や重要性について、理解の徹底化を図り受診を呼びかけます。診断結果に基づき、医療機関への受診推奨や産業医を通じた保健指導等フォローアップを行います。

健康診断受診率推移

2.従業員の健康増進のための意識醸成

健康なからだづくりの第一歩として、従業員一人ひとりの健康への意識醸成は必要不可欠です。当社では従業員の身近なところから施策を行っており、例えば各種セミナーの実施や社内カフェテリアにて健康を意識したメニューを提供しています。また従業員同士の交流を目的としたスポーツ等コミュニケーションイベントを通し、健康の大切さについて呼びかけを行うとともに意識醸成を図ります。

3.地域に根差す企業としてBPO拠点進出地域における健康への意識醸成

「地方創生」を重要な戦略のひとつと位置付けている当社にとって、地域の皆様と共に健康なからだづくりを行うことは、重要な使命であると考えます。地方BPO拠点では、地域の方々が気軽に参加できる健康関連のイベント開催や、地元のスポーツイベントに企業として参加する等、健康への意識醸成を推進します。

4.禁煙推進

当社では屋内施設を全面禁煙とし、屋外に指定の喫煙エリアを設け分煙の徹底化を図っています。更なる禁煙推進活動として、禁煙セミナーを通じ喫煙者のみならず非喫煙者に対しても受動喫煙の危険性を呼び掛ける等、喫煙リスクの理解を深めます。禁煙デーの設定や会社敷地内における敷地内全面禁煙実施を目指すと同時に、従業員の喫煙率の低下を目指します。

健康づくりへの取り組み
Our Approaches
疾病予防・健康づくりのサポート

健康経営を推進していく上で、健康診断メニューの充実化にとどまらず、疾病予防や健康意識の向上につながるような取り組みを推進しています。

  • 従業員向けに健保指定ドック、婦人科検診(子宮頸がん・乳がん)、インフルエンザ予防接種の費用補助
  • 各種セミナーの開催(健康診断結果分析セミナー、禁煙セミナー等)
  • 健保スポーツクラブの優待利用
  • うがい薬、アルコール消毒の設置
  • 社内カフェテリアにてスマートミールの認証を受けた委託業者による「健康ランチ」の提供
  • 社内カフェテリアにてサラダ無料デーの実施

  • ▲ヤクルト様主催の健康イベント

  • ▲健康ランチの一例

  • ▲サラダ無料デー
メンタルヘルスへの取り組み

プレステージ・インターナショナルグループでは、従業員の「こころの健康」を大切にしたいと考えています。入社時の研修にメンタルヘルスに関するコンテンツを盛り込み、予防および早期発見ができるよう働きかけています。またメンター制度の導入や、従業員同士が交流できるイベントを開催する等、ストレスをため込まない風土づくりに努めています。

  • 新入社員向けメンタルヘルス研修の開催
  • 管理職向け研修の開催
  • ストレスチェックの実施(高ストレスと判断された対象者には個別面談や産業医面談等のフォローアップ)
禁煙推進

従業員や周りの人たちの健康推進のため、全拠点を挙げて様々な受動喫煙防止をはじめ禁煙に取り組む活動を行っています。

  • 分煙の徹底化
  • 禁煙セミナーの実施
  • 禁煙デーの設定
  • 敷地内における紙タバコの喫煙を禁止
地域の皆様に向けた健康意識醸成の取り組み

プレステージ・インターナショナルグループでは地域に根差す企業として、地方BPO拠点の地域の皆様と共に健康づくりに関する活動に取り組んでいます。

  • 食育活動(女子スポーツチーム「アランマーレ」による地元小学校での食育活動を実施)
  • 拠点主催のイベントにおけるヨガ教室の実施
  • チャレンジデー2019(※)へ秋田BPO横手キャンパスとして参加
  • ※チャレンジデーとは…公益財団法人 笹川スポーツ財団主催の自治体同士の交流および健康なからだづくりを目的とした「行政・民間団体・住民」が一体となって取り組むスポーツイベント。秋田BPO横手キャンパスは民間団体としての参加を通し、秋田県横手市の参加率向上に寄与。

  • ▲地元小学校での食育活動の様子

  • ▲社内ジムにてヨガ教室を開催
    (2019年8月)
ワークライフバランスへの取り組み

従業員一人ひとりが仕事とプライベートの両方を充実させ、自己実現を可能にするために、ニーズに合わせた働き方を提供しています。また計画有給休暇取得の促進等、自身の時間も充実できるよう取り組んでいます。

  • 半日単位の年次有給休暇制度導入
  • 時間単位の年次有給休暇制度導入
  • 計画有給休暇取得の促進(年間5日以上)
  • 従業員の性別を問わず取得できる育児休業制度
生き生きと仕事ができる環境づくりへの取り組み

生き生きと明るく仕事ができる職場環境を目指し、従業員同士が気軽にコミュニケーションをとることができる環境づくりや、ご家族や地域の方々との交流を目的としたイベント開催等、積極的に各種取り組みを実施しています。

  • カフェテリアの設置
  • 仮眠室、リフレッシュエリアの設置
  • スポーツジムの設置
  • マッサージルームの設置
  • スポーツクラブの優待利用(※健康保険組合で使える優待)
  • 従業員によるスポーツチームの活動
  • スポーツイベントの開催
  • 季節ごとのイベントを開催(夏祭り、クリスマス等)